血管をきれいに

頭脳

心筋梗塞と聞くと、高齢者に引き起こるものだというイメージがあります。
ですが近年、若い40代でも引き起こるケースが多いものになっています。
心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化が進み、血栓が動脈の内側を防いでしまい、血流が滞り心筋細胞が壊死する病気のことです。
女性よりも、体重増加・肥満傾向にある男性に多い病気と言われています。
高血圧や糖尿病が原因となって、心筋梗塞が起こります。
また、家族に心筋梗塞がいるという人も注意が必要です。

心筋梗塞には、かかりやすい性格の人がいます。
真面目に仕事をする人・競争心が高い人・短期な性格の人は、心筋梗塞になりやすいと言われています。
それは、動脈や血圧が上がって、それが心筋梗塞に対して危険因子になることがあるからです。
いつも平常心で、穏やかにいることも、心筋梗塞を予防する一つの方法と言えるでしょう。
ストレスを溜めないということも、一つの予防策です。
心配な人は、医療福祉の整っている病院で血液検査を受けてみましょう。
早期発見することが、とても大切になります。

病気が進行しても、症状として現れないものがあります。
ですが心筋梗塞は、表に症状として現れてきます。
主な症状として、胸の痛み・吐き気・冷や汗です。
また前兆として、虫歯でもないのに歯が痛む・胸の圧迫するような痛みなどが挙げられます。
全く前兆がなく、突然心筋梗塞を発症している人もいます。
日常生活を見直しながら、ストレス発散も行いましょう。
一度心筋梗塞を発症した人は、再発の可能性もあるので原因追求も必要になってきます。

若年化

心筋梗塞は、高齢者だけが発症するものではなく、近年若年化してきています。ストレスが与える影響が大きく、若い人でも心筋梗塞になっています。原因や理由を知って、引き起こさないようにしましょう。

Read more »

予防策

心筋梗塞は、意識することで予防することが出来る病気です。肥満にならないために食生活を見直したり、睡眠を多く取ったりという予防策があります。他にどういった予防法があるのかを簡単に紹介していきます。

Read more »

脳梗塞との違い

高速というのが、血管が詰まるという意味になります。血管が詰まることで血流が悪くなり、行き届くべき場所に届かず、危険な状態になってしまいます。心筋梗塞も脳梗塞も、同じ血管が詰まる点では同じですが、大きな違いがあります。

Read more »